学生、若者の起業仲間募集サイト

⑤訪問サービス で起業する

      2016/05/14

(最低資本:ほぼゼロ)

訪問系のサービスは携帯とカラダ一つ済むので、ほとんどコストが掛からず
小資本(ほぼゼロ)起業にうってつけです。

 営業方法もシンプル!

ホームページ→依頼を受付→訪問
チラシ→依頼受付→訪問

ホームページは自前でやらなくても、業者が登録するサイトみたいなのがありますか
それを利用すればカンタンかつ出費ゼロで起業できます。

 訪問サービスの業種

 掃除・ハウスクリーニング・庭の手入れ

トイレ掃除で起業して、年収1000万ぐらい稼いだ人いましたね。
資格も学歴もいらないんで誰でもできます。
特殊な技術を持っていないタダの掃除でも、お年寄りなど「掃除が大変」と思っていますから、普通の掃除でも喜ばれます。

 エアコンクリーニング

技術は要りますが、まだまだ需要はなくならないもので息の長い業種だと思います。
広告は地域情報紙、フリーペーパーがお勧め。ターゲットユーザーは主婦ですから、紙媒体の方が見る確率が高いです。

 水回りの修理

これも鉄板。トイレや水道の水漏れ対応です。
最近はインターネットにやり方が転がってたりするので、意外と技術の敷居が低くなりつつあるのかも知れません。私はトイレの栓を自分で交換しました。
まあ水回りのことなので多少は経験があったほうがいいでしょう… というか経験者じゃないと野郎と思わない業種ですね。

 パソコンのトラブル対応

年配の方やお年寄りの方もパソコンを使うようになってきましたし、最近はスマートフォンも結構複雑なのでそっちのトラブル対応の需要も増えるかも知れません。
個人顧客だけでなく中小企業や商店もターゲットとなります。

ちなみに一番多いのはインターネット関係(つながらない)、パソコンが起動しない問題です。
ネットが見れないお客さんは、タウンページなんかで調べて電話をしてきます。
掲載出来ていれば良いのですが、時間がかかります。
なので、地元のフリー雑誌、地域情報紙に広告を載せておきましょう。
広告費はかなり安いです。スマホ用サイトも必ず用意しましょう。携帯でも調べてきます。




 家電のトラブル対応

昔は街の電気屋さんが対応していましたが、最近はめっぽう減ってきました。
大手家電量販店がそういったサービスをやっていることもありますが、きめ細やかな対応はなかなか難しい模様。
最近の家電はインターネット機も搭載していたりしてどんどん複雑化してますからトラブルも多いでしょう。パソコンのトラブル対応と併せて、行ってもよいです。

 出張マッサージ

ホリエモンこと堀江貴文さんがよく例に出していましたね。
電話一本で始められます。依頼を受けてお客さんの自宅に伺い、施術を行い代金をもらいます。
自前でホームページやチラシを用意して集客するのが難しいようでしたら、出張マッサージサービスを行っている会社の業務委託を受ける形でも始められます。
出張マッサージ業者から依頼があると知らせられ、実際に伺います。
いくらかマージン引かれますが、サポートを受けられるので最初はうまく利用するのが良いでしょう。
大抵、出張マッサージ業者のホームページで募集しています。

 便利屋

いっその事、上記のサービスでできそうなこと全部やっちゃうっていうのもありです。
最近は高齢者の一人暮らしもふえているので例えば高いところの電球を交換するとかそういうサービスも需要がありそうです。

 

口コミを増やそう!

この手のビジネスはとくに「紹介」「口コミ」で広がって行きます。
なので、紹介キャンペーンや割引を用意して、口コミを増やす工夫をすると良いです。

チラシも普通のちらしではなくて、クーポン付き、紹介割引付きなどとするとより良いです。

広告するなら地元紙

地元密着型の商売なので、インターネット広告よりも地元情報誌などに広告を出すと効果的です。
どちらかと言うとターゲット層は高齢世代になりますから、紙媒体のほうが訴求効果があります。

インターネット広告を併用してもよいですが、パソコンユーザーよりもスマホユーザーをターゲットとしましょう。

カンファレンスバナー

 - 準備編