学生、若者の起業仲間募集サイト

若者が起業するということの意義を考えてみる

このページを企画した際に、改めて

若い人(学生やフリーター、ニート)が起業することの意義みたいなのを考えてみたのですが…

このコーナーでは、そのときにチョコっと思ったことを語ってみたいと思います。

(現実的に役に立つことは書いていないので、時間のない人は読まないでね)

若者・学生起業のメリット

今でこそ起業するなら若い内にうちに! と結構な方がいうようになりましたが、
若いうちに起業することにメリットなんてものはありゃしません。




ナイです!

↑ってこのサイトは若い人が起業するのを応援するんじゃないんですか?

ええ! もちろんそうです!
しかし!! いや、だからこそ!
事実として認識すべきことは認識しておいて貰いたいんです!
口当たりの良いキレイ事、いい加減な嘘やごまかしは言いたくないんです!!

よく学生や若者が起業するメリットととして

・ 若いうちはしがらみがない
・ リスクを取ることが出来る
・ 物事に柔軟に対応できる
・ 失敗してもやり直せる
・ 成功した起業家は20代で起業している

↑んなことをのたまう方がいらっしゃいますが。

若いうちの方が親兄弟姉妹など家族身内、友人知人、時に恋人(リア充は死ねw)
とかなんやかんやいてしがらみ結構ありますよ!

若いうちはしがらみがないなんて、バカにするのも甚だしい!

(家庭をもっていないんだから、お前しがらみねーだろ? ってきわめて利己的短絡的軽薄な脳みそ発泡スチロール並みの軽々しい発想だ)
オジサン達の方が、しがらみないじゃないですか?

家族に相手にされないから大した用もないのに無駄に残業していたり、仕事終わった後飲み歩いているオジサンの方が!!
リスクを取れるかどうかってのも、(最近の若造はむしろ保守的)
柔軟に対応出来るかってのも(若造でも頑固なやつ沢山います)

↑結局その人の性格と能力と状況とタイミングの問題で若いからどうのって関係ない。
それそれに!

 「失敗してもやり直せる」ってなんですか!?

 失敗すること前提ですか? 上から目線にも程がある!

こういうこと抜かすおじさん達は

「ああ、大いにやりたまえ。やってみて、世間の荒波に呑まれるが良い。きっと失敗するだろう。それも良い経験だ」
とでも言いたいんだろう。
で、いざ実行してみればそりゃ最初からうまくはいきませんわな。そこで
「ほらみろ、やっぱり無理だっただろ。悪いこと言わないから諦めて就職しな」
って仰せになられます。

(結局失敗させて、それを見てザマーって嘲笑いたいんだろ? 若造のくせに生意気だお前!って
第一、そもそも遊んでるわけじゃないのに「就職しな」って言葉失礼にも程がある!)

 

はっきり言います!学生や若者であることにメリットなんてありません。
常識的に考えて、経験も、金も、人脈も、知識も、常識もないわけで不利なんですよ!

 

だから起業する若者に本気で、紳士にアドバイスをのなら
デメリット、不利な点をしっかり理解させた上でそれをカバーする、あらかじめ回避するする策を練ってやれって言うべきで
その上で、若いうちなら出来るであろうことを言ってやって情熱と希望に火を付けてやるのが正しい姿勢です。

つうかわけで、改めて20代以下小僧が起業するということは

・資金不足、経験不足、味方はほとんど若しくは誰もいない圧倒的不利な状況で、
・おじさん達、世間一般の妬みと、やっかみと嫌がらせと戦い、
・親兄弟姉妹友人知人など身の回りの無理解とも戦い、
・遊びたい盛りの若い時代の貴重な時間を費やし、
・成功するかどうかも分からない、それどころか失敗したら大やけどになる危険なことをやる

てなかんじで、むちゃくちゃ大変なことなんですよ!!
だいたい、若い起業家(志望の人)が、上であげたようなことをメリットとして語るときは本心を言っていないことが多いですね。
建前ですよ!建前!

じゃあ、なんでやるのか。
理由を挙げれば人それぞれ、起業の数だけ思いがあるわけですが、
その根っこにあるのは

「起業でしかなしえないことがあるから」

という思いに相違ない。




たぶんですけど、起業を志す人は何かを「変えたい人」
ある種、現状に不満を持っている人なんじゃないかと。
なんとなく、このままじゃいけない。
このまま今の状態を続けていても先が見えている。そしてそこに見えるものは自分の思い描くものではない。
耀いた自分の将来像ではない。

だけど、ここで挑戦すれば、それを手に入れられるかも知れない。いやその唯一の手段が、起業なんだ!

理想の自分、そしてこうあれば良いなと思い描く新しい社会の像

それを手に入れて見せよう!

そういう気持ちが起業という手段へと向かわせたのではないかと思うわけです。

 

だからこそ、どんなに大変でもどんなに危険でも、どんなに苦しくてもやってみよう!

本気でそう思い、今まさに実行に移さんとしている人に

「大変だからやめておけなんて」なんて 水を差すようなことは親切でもなんでもないし、
「借金抱えることになって迷惑掛けるからやるな」てな脅しは妬みかやっかみでしかない。

かといって、「カンタン!誰でも出来る」っていい加減なことばで判断を迷わすようなことをしてはならない。
だから私は言います。

起業することは大いに素晴らしい。けれども並みのことではないから相応の覚悟と志のある奴だけやれ! それがないなら、起業なんかするな!

 

……そういう本気な人たちがいるのなら、

できる限り、ほんの少しでも負担を減らしてあげられたらな
(少なくとも自分がぶつかってきた壁、乗り越える為にした試行錯誤ぐらいの情報は与えたい)と思ったわけです。
別に20代(若者)に限らなくて良いです。
何かを変えようとすることは、現状に甘んじてただ流されているよりよっぽど難しい。
そもそも今を維持しようとすると必ず衰退します。
良い状態なら、それを維持すること変えるより難しい。

だから良き物を残そうとする諸先方も応援したいですし…
(でも私のような若造には何の力にもなれないから、せめて、変えようとする挑戦者どもを応援しようと思う次第です)
つうわけで、あらためて20代で起業するこということ(メリット)はなんぞやというと、

「20代で起業して成功すれば、でっかいことが出来る!」

(「成功した起業家は20代で起業している」じゃなくて「若いうちに起業して成功したからでっかいことが出来たんだ」って思うわけですよ)

 

だから大いにやろうぜ!
今、やろうと思い立ったんなら、全力で成功を勝ち取ろうぜ!!

以上です……

Tポイントがザクザクたまる!

公開日:
最終更新日:2018/07/15