学生、若者の起業仲間募集サイト

【学生起業】学生が起業する方法 学生はウェブ屋をやれ!

   

日本一ウェブが嫌いなウェブやを自称する私ですが、学生起業を目指したい人には是非お勧めしたい。
というのも、学生起業(ベンチャー)をやりたいって人の大半がウェブ系ITベンチャーですし、
ウェブ関係ないわショップ運営したい。バーやりたいってひとも今時ウェブは必須な訳ですから

まあウェブは今時の起業には避けて通れません。

んで、ウェブ屋をやると何がいいのかといいますと初期投資がいらないとか誰でもすぐ似始められるとかそんな嘘八百はさておき、
ウェブのことがわかるようになるわけです。

 

ウェブノウハウがあるとないとでは自動車免許持ってる人と持ってない人(もってないです)ぐらいの差ありますから
これから起業しようって人はやっぱりウェブのことわかってないとだめだと思います。

 

てなわけで、学生起業家はまずウェブ屋をやれ!ってのを提唱したい。

ウェブ屋をやるメリット

・ホームページが自分で作れるようになる
・自分で広報ができるようになる
・文書力、プレゼン力、企画力がつく
・割と金になる
・売り上げの上がるサイトを作れれば資金源にすることができる。 →資金調達方 参照

 

これだけメリットがあるわけですが、裏を返すとこれだけのことができるようにならなければいけないということ。
並大抵の努力ではなかなかできないですね。

とはいえ、いまどきワードプレスで無料のテンプレートがありますから、さしたる技能がなくても最初からそれっぽいのが作れたりします。
一度形にすることができれば、後は試行錯誤の連続ですからやる気さえあればできるようになりますよ
(やる気がなくてもこんなサイトぐらい作れるようになって、一応案件が来るようにはなってるやつだっているんですからw)

 

ウェブ系ならなんでもいい

一口にウェブ屋といっても、ウェブ系のビジネスにはいろいろあります。
ウェブ制作にかぎっても、ウェブデザイナー、ディレクター(事実上の営業だけど)、SEOコンサルタント、コーダー(死語になりつつある)といろいろ。
最近は、ウェブライター(文書専門・給料安い)とかもあります。
さらにウェブプログラマーを入れると開発言語や環境によって様々なものがあるわけでどれが向いているかは自分でやってみればいいと思います。

ウェブ系の起業についてはこちらをご覧ください。

ウェブ屋の最大のメリットはプロダクトを作れるようになるということ

ITサービスでは、ウェブシステムを作る必要がありますが、ウェブ系の人間だとそれが自分の手でできるのがなんといってもよいところ。
こんなサービス思いつきました!ってのは誰でも簡単に言えますが、実行するのはなかなか難しいわけです。
たいていみんな思いついただけになってしまいますがウェブ屋だとそれ自分で形にできますからこのメリットは非常に大きい。

 

プログラミングができなくてもOK

 

ウェブサービスをやるにはプログラミングができないとだめだと思っている人も多いと思いますが、
そんなことないです。

プログラミングの知識がなくてもサービス自体をはじめることはできます。
最近だとワードプレスのプラグインが充実していますのでそれをうまく組み合わせればデモサービスぐらいは構築できますし、
できなかったとしてもPRページは作れます。

また、プログラム専門の人はプログラミングしかできずデザインがいまいちだったり、SEOがわからなかったりする人もいるので、
そういう人と協力して何か作り上げるという方法も採れます。

 

ところが、ウェブのことが全くわからないとそうもいきません。
プログラマーの起業仲間をみつけることができても、ウェブのことを全部その人に任せることになってしまいます。
これではなかなか協力してもらうのは難しいですし、もっといえば、ウェブのことが何もわからない人間がウェブサービスを考えてもシステム的に実装できるのかどうかの判断であったり、どういう機能をつければいいのかという指示をすることができません。

ウェブ系サービスをやりたいならウェブのスキルは必須なわけです。

次へ

カンファレンスバナー

 - 学生起業