学生、若者の起業仲間募集サイト

③同人誌、イラストなどの販売する

   

(最低資金:ほぼ0円)

ほとんど、趣味なんで起業法として言えるかどうか微妙なところですが、今後増えそうな起業法ですし、学生や若い方には興味のある分野なので載せちゃいました(笑)

イラストや同人誌ですが、ある程度のクオリティなら漫画・小説(主にエロ)や単体のイラスト(エロもしくはものすごくクオリティが高い)でも十分お金になります。
基本的に二次創作の需要が高いです。オリジナルはなかなか売れない(エロなら売れる? クオリティの高い、何かのきっけで人気になれば、投稿サイトが充実しつつあるから今後は稼げるようになるかも…)

二次創作は法的にちょっと微妙なので、あんまり大っぴらにやるとよろしくないわけですが、TPP交渉の祭に、認めようという動きになりつつあるみたいで…
ある程度の制約があるでしょうが、法的にきちんと認められる可能性があります。(起業じゃなくて趣味の範囲なんですけどね…)

制作方法についてはもういいですね。
皆さんご存知でしょう。
コミスタとかSAIなんかでちゃっちゃと好きなようにやっちゃって下さい。

 販売方法

 1ダウンロードサイトにデータを投稿する。

有名処は…

【デジケット】 http://www.digiket.com/
【DLsite.com】 http://www.dlsite.com/
【DL.Getchu】http://dl.getchu.com/

ぐらいです。

「同人誌 ダウンロード 販売」と検索すれば出てきます。
エロ中心ですが、オリジナル作品も多く出品されています(18禁じゃないのも買ってもらえる環境になればいいですね~)

 2ネットオークションに出品。

データではなく、冊子になっている、アナログ一枚絵、缶バッチやマグカップなどのグッズなど実物だとネットオークションでも売れます。

ちょっと前に、美大生かなんかが練習で描いたローゼンメイデンの真紅が55万円で売れてましたね。
うらやまし限りです…

ただ、仮面ライダーかなんかのフィギュアを精巧に作って売ったは良いが著作権侵害で逮捕されたのもありましたから法的にはやっぱりグレーゾーンでしょうかな?
余り高い値段が付いちゃうと目を付けられるかも知れませんね… オリジナルのモノもクオリティが高かったり、ピクシブなんかで有名になっていれば売れるかもです。

 3コミケに出展

※有名絵師じゃないとほとんど赤字らしいですが…
まあ一応方法としてありますので上げておきます。

これくらいにしておきますか。

イラスト制作を受注する。

ソーシャルゲームやギャルゲー(エロゲー)なんかのイラストを担当すると一カットいくらで稼げます。
ソーシャルゲームは多少下火になりつつありますが、まだまだ新しいアプリをリリースするところもありますので、アプリ制作会社に営業するのも良いでしょう。

ポートフォリオを用意しましょう。

イラスト制作を受注する場合、やっぱり制作実績を示す必要があります。
どんなモノを作ってきたのか、クオリティが一目で分かるようにポートフォリオを用意しておくと良いでしょう。

Tumblr を使えばカンタンに作れます。
「Tumblr 」もしくは「イラストポートフォリオ」で検索してやり方を調べてましょう。

面倒ならピクシブなどイラスト投稿サイトにある程度の数のイラストを投稿しておいてもよいです。
ただし二次創作ばかりではいけません。
かの有名なイラストレータ中村佑介さん(謎解きはディナーのあとで・四畳半神話体系などのイラストを担当)が仰っていましたが、
①全身を描くこと・背景も
②エロは控える
③オリジナルの作品も描いておく。

がポイントです。
顔だけ、二次創作だけでは依頼はまず来ないでしょう。

注意! 著作権は譲渡してはならない。

 

↑このページで言いたかったのはこれです!

イラスト制作を受注する際、最も気をつけなければならないのは著作権の取り扱いについてです。
イラストを1カットいくらで受注という取り決めをする際に、特になんの説明もなく「著作権は譲渡していただきます」との触れ込みがあるケースがあります。
しかしこれは大きな落とし穴です。

著作権を譲渡してしまうと、自分の作品ですと言えなくなる。

著作権は自分の作品であるという権利を主張するためのもので、これを持っているからこそ使用権を主張でき、無断使用や不正利用に対して意義申し立てができます。
しかし、イラストに付随して著作権まで譲渡してしまうと、こういった権利の主張が一切できなくなり完全に自分の手元から外れてしまいます。
そうなってしまうと、「これは私の作品です」ともいなくなり、ポートフォリオや実績にも掲載できなくなります。
クリエーターの中にはこういうことに疎い方も結構いらっしゃるようでそういうところを就いてやりたい放題をするあくどい業者がたくさんありますので要注意です。

特に初めてイラスト制作の依頼を受け方ですと、舞い上がってそういう点を見逃しがちです。
もし、著作権譲渡の触れ込みがあればちゃんと交渉し「使用権」を認めるに止め、著作権は極力自分の手元から離れないよう努めましょう。

Tポイントがザクザクたまる!

 - 準備編