学生、若者の起業仲間募集サイト

事業計画を立てよう! 事業計画書の作り方

      2016/05/11

どの業種で起業するのかある程度確定したら、それを踏まえて事業案を練りましょう。

事業案を練るって言っても、机の前で腕を組んで唸っていてはいけません。

頭で考えていてもダメです。ちゃんと事業計画書(案)を作成しましょう。

文書に落とし込みながら、考えをまとめたり、調べたりしてゆくのです。
と言うと…

「事業計画書なんていらないっしょ? 俺一人でやるんだし、自分で分かっているからOk」
とか
「計画書は今の段階ではまだ作成しないですね。まだまだ良いアイデアが浮かんできているんで、今作っちゃうと考えを固定しちゃうような気がしてむしろ作らない方が良いんじゃないかと」
とか
「おれ考えるより行動派なんで! まずは実践、当たって砕けろってもんッスよ!」(←ホントに砕けて終わりになってもよくって?)

なんつうことをのたまう御仁がいらっしゃるんですが。困ったことに…

ごちゃごちゃ言ってますがね、こういうご託抜かしている奴は単に「面倒臭い」って思ってるだけですよ。

事業計画書を作らない方が良い正当な理由なんてありません。

 あり得ないんですよ!

つべこべ言わずに作成しましょう。起業を成功させたいのなら絶対作りましょう。
そんなに難しくないですからですから。

 

事業計画書は「メモ帳」「箇条書き」「A4用紙2~3枚」で充分

事業計画書というと…
A4用紙何枚ものにも及ぶ大量のモノを作らなきゃ行けない。
「オフィスソフトとか使ったことないし、タイピングも遅いからそんなの出来ねーよ!」って思う人も中に入るかも知れませんが、そんな必要は全くナシです。

 

事業計画書はメモ帳! 箇条書きです。

間違ってもパワーポイントでかっこよくて綺麗なプレゼン資料を作ろうなんて思わないで下さい。時間と労力の無駄です。
それから、図書館や本屋さんにいって「事業計画書の書き方」とかいう本を見つけてにやついているあなた!
ちょっと待った!
それは銀行や投資か向けに書くためのモノじゃありませんか?

 

 創業時の事業計画書は自分のために書くんです!!

自分がなにで起業し、どうやって事業を営んでいくのか。それを明確にするために作るんです。

基本的に他人に見せるものじゃないので、(強いて言えば、家族や仕事のパートナーになってくれる人ぐらいに見せるものですから要点が分かればそれでよし!)

見栄えも体裁も気にする必要ありません。

 

凝ったモノを作る暇があったら、実際の仕事を始めて下さい。
その方が良いです。

ではウェブシステム開発の請負で起業を目差す人を例題に解説してゆきましょう。


 

事業計画書(草案)
1.事業目的

当事業は総合音楽マネジメントカンパニーを目標とし、ウェブシステム、アプリ開発などを行う。

================================
簡潔に書いていますが、将来へのビジョンや起業における思いなど、もう少し熱を込めてもよいです
================================
2.事業内容

1、ウェブシステム開発
2、携帯アプリ開発
3、ホームページ制作
4、音楽関連事業(予定)
(方針と戦略)

・当初は、得意分野のウェブシステム開発を中心にアプローチする。
・現在活況な携帯アプリ開発にも逐次進出して行く。
・デザイン面をノウハウをクリアすれば、ウェブ制作も行う。

(ターゲット)

・ウェブ制作専業で、プログラミングが分からない個人事業主(問合せフォームの設置、ワードプレスの高度なカスタマイズなど)
・ネットショップを始めたい人
・携帯アプリのウェブシステム部分の開発を依頼したい業者
・同業他社で手が回らない企業や事業主(下請け、外注を引き受ける)
・その他カンタンなウェブシステム制作を依頼したい個人や企業

================================
この計画書を書いている段階ではある程度アバウトでも良いですので、おおよそのターゲット、想定顧客を考えて見ましょう。
================================

4.販売方法

・ホームページを立ち上げて、そこから依頼を受ける。
・ネット上で業務委託を募集しているサイトに応募する。
・業者への営業を行う。
5. 開業当初の目標売り上げ

1案件あたり10万~20万円を想定。
一月2~3件から初めて、半年後には5件以上一月100万円の売り上げを目差す。

六ヶ月後までの売り上げ目標

一月目  10~20万  単価10万 ×2件
二月目  20万~30万 単価15万 ×2件
三月目  45万   単価15万 ×3件
四月目  60万   単価15万 ×3件 単価20万×1件
五月目  80万   単価20万 ×4件
六月目  100万  単価20万 ×5件

==================
初めて事業計画を立てる際、一番ネックになるのがこの売り上げ目標です。
物販である場合は、ネットショップのページをみたり、実店舗に赴いて販売価格を知れば良いのでさほど難しくありません。
仕入れ価格から、大体いくらで売れば利益が出せるのかという計算もできますし。

問題は受注系のものです。業界での経験がないと相場は分からないですし、仮に経験があっても自分一人でやった場合では今までいた会社と同じ水準の金額で
受注(販売)できるとは限りません。(業界経験がさほどのアドバンテージにならないのはこういった理由)

そこで、どうやって価格の相場を知るのかと言いますと。

1、ネットで検索して既存業者のホームページをなどを調べる。
2、在宅ワーク、オンラインタスクなどもページに登録に登録して応募案件の希望額を見る。
3、それでもわからなければ、ダミーで見積を取る
たとえばホームページ制作業を始めたいが相場が分からないという場合、ウェブ制作業者に見積もりを取ってみるのです。
もちろんウェブ制作をやりますとは言いません。適当にパソコン修理業者を開くとでもいいましょう。
ちなみにこの方法、見積書の作り方、提案の仕方なども分かるので、色々知ることが出来てお得です。
やられる業者にしたらちょっと迷惑ですけどね… 目的が済んだら丁重にお断りして、お礼を言いましょう。

==================

6.営業場所

大阪市内に事務所を借りる

第一候補 梅田近辺
第二候補 天王寺近辺

(場所が決まり次第入力 )

家賃6万円まで。
敷金礼金は出来ればないもの。

インターネットの出来る環境で、通いやすい場所

==================
事務所・営業所を借りるときに色々気をつけるべきことあります。
次回解説しますのでちゃんと考えて借りましょう

=================

7.開始時期

201X年 X月を目標とする。

8.事業形態

個人事業
半年後に株式会社へ移行
9.資金について

自己資金20万円を用意。
可能であれば、親から30万円を借り入れ合計50万円でスタート。

10.目標

一年後の目標(中期目標)

年商1000万超えを目差す。

月商は100万円を超えた段階で、株式会社の形態へ移行。(資本金100万)
人手の不足が予想されるのでアルバイトを入れる。

五年後の目標(長期目標)

三年後に、音楽配信サービスをリリースし、月商1000万超えを目差す。
音楽配信サービスと連動して、イブハウス、録音スタジオを設置し、
新人歌手のプロデュースも行う総合音楽マネジメントカンパニーへ。

五年後に株式公開(上場)を目差す。

=======
ちょっと大風呂敷ですが、自分が一番理想とする将来像を入れると良いです。
モチベーションが下がったときに見返すと元気になります。

日常の業務を行っているとどうしても目先の利益ばかり追いかけ、本来やりたかったことや起業動機を忘れがちになります。そういうときにこれを見返すと、初心を思い出して襟を正すことが出来ます
========  

事業参加者

代表 A野A太郎

法人化の際、父、A野A雄を会長へ打診する。
また、B田B次郎をウェブデザイナーとして、C木C子を事務員兼歌手見習いとして迎え入れる予定。
日付 201X年X月X日

 


どうですか? カンタンでしょう?

この程度なら、すぐに作れますよね。
ちなみに、私はこれ20分ぐらいでやりました。

皆さんはこのフォーマットに従って適宜埋めて行けば良いのですからもっと楽なはずです。
是非、こちらからDLして作ってみましょう!(↑のをコピペしてメモ帳に貼り付けてもOK)
事業計画書の作成はこれで終わりです。

次回はしくじると厄介! 事務所選びの方法を解説します!
事務所を借りようと思って物件を調べたら保証金が高すぎて無理だったって人も安心!
どーんと安くなる方法を徹底解説しちゃいます!

Tポイントがザクザクたまる!

 - 基本知識, 準備編