学生、若者の起業仲間募集サイト

④ソフトウェア開発、ウェブシステム開発、アプリ制作で起業 

      2016/05/04

(最低資金:ほぼ0円)

 プログラミング技術さえあれば誰でも出来る起業法です。

極端な話し、中学生でも小学生でも始められますし、実際中学生が作った携帯アプリが大ヒットして多額のお金を稼いだりして世間を騒がせたりなんてこともありましたね。
灘の学生でしたっけ?

マイクロソフトのビル・ゲイツやフェイスブックのマーク・ザッカーバーグもこの方法で起業したわけで、そういう意味においてはソフトウェア開発はベンチャーのゆりかごとも言えます。

まさに天才のための起業法といえるでしょう。

このビジネスの最大の利点は、相手がいなくても始められるってことで、それゆえ年齢も実績も関係なく、しかもパソコン一台あればできるので最も若い人の起業に向いている起業法なわけです。

 

プログラミング技術を活かして稼ぐ方法

 

プログラミングを活かして作れる物と言えばかつてはパソコンソフトがメジャーでしたが、昨今は
・スマホアプリ(アンドロイド、Iphone)
・ウェブアプリ・システム
が中心です。

またスマホアプリとウェブアプリ・システムは親和性が高く、スマホ⇔ウェブシステムと両方にまたがる物も多いですね。
LINEなんかはその際足るものですが、それだけに複雑で高度な技術が求められます。

 どういう物を作れば良いのか?

売れるソフトや受け入れられるシステムというのはなかなか難しいですね。
何がヒットするのかわからないですし、アイデアを練るのはちょっと才能の部分も入ってきますから、一筋縄ではいかない。

ただひとつ言えるのは、自分が本当に欲しいと思えるもので、まだこの世に存在しないものがあれば

それはきっと他にも欲しいと思ってくれるひとがいるものなので、作ってみる価値はありそうです。
アプリやシステム開発はそういった意味でも経験や実績を積むのにうってつけですから、システム開発・プログラミング分野で起業しようと思っている人は是非い一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

また、アイデアを具体的にどう実行して行くか、またコンセプトの練り方みたいな話しはベンチャー起業の分野なので、【発展編】で解説したいと思います。

 収益方法

アプリやウェブシステムの収益方法と言えば、いまさらいちいち説明する必要もないと思いますが、一応説明しておきます。

 1)広告収益

アプリのユーザーやウェブシステムの利用者が多ければ広告価値が付きます。
Googleのアドセンス、A8ネットといったアフィリエイトプログラムを利用するか、うまくいけば企業に直接スポンサーになってもらえる場合もあります。

 2)課金

ソフトウェア、システム自体の利用、登録は無料にしておいて、アプリないのツールを利用したり、アイテムを購入する際に課金するシステムです。
ソーシャルゲームでよく使われている手です。

 3)有料販売

携帯アプリのなかには有料のモノもありますね。特殊なソフトウェアや高度なものだと有料で販売すること可能です。
ただ不具合があるとマズイのでクオリティに気を配る必要があります。また最近は無料でいろんなツールが出回っているので、なかなか有料販売は難しいかも知れません。
パソコンソフトならシェアウェアという方法もありました(今もありますが)、こちらもフリーのツールが沢山あるのでなかなか厳しい情勢ではあります。

 4)M&A、ライセンス販売

ウェブシステムの場合、優れたモノ、画期的的なサービスならひょっとしたら買収したいと行ってくるところがあるかも知れません。
あるいはそう持ちかけるために作る。システムだけ作って運営はしないとう戦略も面白いですね。

携帯アプリなんかだとライセンスを譲渡するというやり口も考えられるわけです。
ほとんど発明みたいですが、頭一つで勝負できるので、人付き合いが苦手、組織運営が面倒という人でも出来る方法です。

 請負で稼ぐ

プログラミングの技術があれば自分で考えて何かを作らなくても、業者からの依頼をうけて受注するという方法もとれます。
→請負・受注業務で解説

 起業パートナーを探す。

自分は技術屋で技術を高めることに感心関心があるが、新しいサービスを思いついたり考えたりする力がない、関心がないという人はビジネスパートナーを探してみるというのもありです。

アイデア、プランニングは得意だが、プログラミングなどの技術力がないために実行できないというひとは世の中にごまんといます。
(私もその類いなんですが…)

そういう人とたちからすれば、プログラマーは非常にありがたい存在ですので重宝されます。
友人知人にそんな人がいないのかSNSで呼びかけるのもいいですし、起業セミナーなんかに出会いを求めても良いです。

手っ取り早い方法として起業仲間募集サイトというのもあります。

http://workcollabo.com/matching/
http://www.meetentre.com/

 

IT起業はプログラミングができないとどうにもならない…

(以下、プログラミングが出来ない人に向けてのお話です。出来る人は、こんなページ読んでないでさっさと、取りかかって下され)

画期的なアイデアやサービスを思いついたから起業したい!
あるいは、そういうサービスを作ってマイクロソフトやフェイスブックみたいなビッグカンパニーを目差したい!!
という風に思って起業に関心を持つ人はたくさんいますね。

ところがそういう人たちにとって、最初の壁となるのがこのプログラミングです。
プログラミングができないと、ウェブシステムやアプリは作れませんからどうにもこうにもいきません。

ビル・ゲイツもマーク・ザッカーバーグもコンピュータオタクでプログラミングが得意だったんですが、そうじゃない人の方が多いことでしょう。

アップルの創業者スティーブン・ジョブズみたいに、うまいことプログラミングしてくれる人を捕まえれば良いんですけど、
それも実際むずかしいし、借りに人にやってもらうにしても全くの門外漢ではウェブサービスやアプリのプランニングもできません。

 

ITで起業為ようと思うのなら…

 プログラミングはやっておけ!

とくに若い人! 学生!
時間がある今のうちに手を付けましょう。最終的に出来なくても、プランニングには役立ちますから!!

(脱線)========
余談ですけど、日本のIT教育は本当にどうしようもなく遅れてますね~
情報の時間なんて本当にショボイパソコンの初歩の操作方法を教えるだけ、起動の仕方とか、オフィスソフトの使い方とかどうでもいいでしょうに。

大体、ググれば分かるようなことをプロジェクターでいちいち馬鹿正直に教えるな。
そんなやり方で教わっても意味がない。それよりどうやったら出来るのか調べながらやらせるそういう指導をした方がよほど有益だろうつーの。

そんなことより、プログラミング教えろよ!簡単な奴で良いから。
グラフィックも! 絵を描いたり、CGを作ったり!
せめて、ウェブぐらい作らせろっつうに
そういうことやらせないとIT発展しませんよ!

それから、コンピューターばっかりいじっている子を不健全で子供らしくないとけなし、
頭空っぽのスポーツ馬鹿を、褒め立てるという風潮ね。

世界を作ってるのはオタクなんだよ!オタクをもっといたわれ
(脱線終了)=======

 

てなわけでプログラミングを勉強しないといけないわけですが、
一口にプログラミングと行っても言語もいろいろありますし、何をやれば良いのか分かりませんよね…

 ウェブプログラミングならPHP・携帯アプリならJAVA

起業して間もない頃、商工会議所が主催している起業セミナーに参加したことがありまして、そのときの講師の先生が元プログラマーだったのですが、
(当時なんもしらない愚かな若造であった私はIT起業じゃと意気込んで、プログラミングをやろうと思っておりました)
その講師の先生にどういう勉強をすべきなのかを聞いたんですね。

すると先生は「PHPをやると良いよ」と仰いました。
なんでも、
・プログラミング言語のなかでも比較的簡単で初心者に扱いやすい
・メジャーな言語なので、サンプルも沢山ある
・ウェブと相性が良く、活用範囲が広い。色々応用が利く

と、いろいろ優れているとのことで、調べてみると実際そうでした。

身近なところで言うと問合せフォームやワードプレス、なんかに使用されていますし、
実はヤフージャパンのサイトなんかもPHPが使われているそうなんですね。

いわばウェブシステム開発のメインストリームってわけです。
ちょっと前までは(といっても十年ぐらい前ですが)CGI(Perl)がメインでしたが、
PHPで大抵のことは出来る。こっちをやったほうが近道っぽいです。

それから、アンドロイドのアプリはjavaという言語で組まれているので、アプリを作りたいのならJAVA言語をやりましょう。

 

 プログラミングを勉強する方法。

プログラミングの本は沢山ありますが、馬鹿正直に分厚い本とにらめっこしていても、「わかんねーよ!」って、やる気なくすだけです。

(教室やスクールにかようのは費用と時間の面からもったいないです。余裕のある人は行ってもいいでしょうが…)

本とにらめっこするんじゃなくて、ちゃんとコードを打ちましょう!

数学の問題でも分からないことはノートに丸写し!

書いたら分かるようなるんです(たぶん…)

あとそれから、無料でプログラミングの勉強が出来る http://dotinstall.com/ ドットインストールもおすすめです。

とはいえ、プログラミングは適正とか相性の問題もあると思うので
(興味が持てなかったら駄目です。いくらやっても上達しません)
ちょこっとかじってみて、自分には出来なさそうと思ったならさっさと諦めましょう。(←諦めた口です<ワシ)

プログラマーになるんじゃないんだから、なんとなく概念的なものがわかれば十分。
それくらいのなら苦手なひとでもなんとかたどり着けるでしょう。

【みんなのシストレ】 コピートレード

 - 準備編