学生、若者の起業仲間募集サイト

②ネットショップでの起業方法 (1)

   

(最低資金:5000円以下)

リサイクル品の販売が主に、ネットオークションだったのに対し、
輸入品(機械、雑貨、小物)、ハンドメイドの衣類、小物販売、釣り具やスポーツ用品など趣味の道具やモノ、その他商品の販売をしたいという方におすすめなのがネットショップでの起業です。
実店舗を持ちたい! という方も、資金がネックならネットショップから始めてみて売り上げを上げてから実店舗へ移行という方法がとれます。

 ネットオークションかネットショップか

オークションは1点から手軽に始められますが、小売業は特定の品物を扱うことが多いです。
(他店と同じモノしか扱わないところもありますが、できることなら差別化を目差しましょう)

手軽に出品できるので「この商品いくらぐらいで売れるのかな?」というお試しや、ネットショップ移行を前提に実験的に利用しても良いです。
オークションについては中古販売のところに記載しているので興味のある方は覗いてみてください。

 小売り業はネットショップが向いている

 

せっかく「そのお店でしか手に入らないモノ」を売るのですから、それなら「ブランディング」したい!
「どこどこのお店で買った商品」ということをちゃんとお客さんに意識してもらい、また同じ店で買おうと思ってもらいたいものです。

それに向いているのはネットショップの方です。

オークションではちょっと難しい(たとえばヤフオクで落札したら、ヤフオクで買ったという意識しか残りません)

ネットショップの開店方法

 ネットショップには大きく分けて二つの種類があります

1)独自型 … 自社サイトにネットショップのシステムを構築して商品を売る方法
2)モール型 … すでにあるショップシステムに出店する形態。有名どころでいうと、楽天、Yahooショッピング、Amazon などがあります。

独自型はいわば、土地に建物を建ててお店を開くみたいなものです。土地も建物も自前ですから、家賃(ロイヤリティ)も取られないですし店舗の設計も自由です。
一方モール型は、商店街やショッピングモールに出店させてもらう感じで、売り上げの何パーセントかをロイヤリティーとしてとられますし、店舗の設計も制限されます。
その代わり、モールや商店街にはすでに客足があるので、比較的簡単に集客することが出来ます。

どちらにすべきなのかと言いますと、圧倒的に2)モール型から開店することをおすすめします。

 独自型のデメリット。

独自型についてちょっと触れたいと思います。
このタイプはネットショップのホームページを1から作るというものです。
モールに出店の
自由な設計ができるのが最大の利点ではありますが、これが徒となります。

 1)初期コストが高い 
自由な設計=一からの設計(ワードプレスなどを用いれば、システム部分の設計はある程度省略可能)となりわけで、
当然それだけの費用がかかってしまいます。

通常のホームページだけでも20万前後かかりますし、そのうえネットショップのシステムを導入しなければなりませんので
最低でも40~50万ぐらいはかかると見て置いた方が良いです。
安いからと適当な業者や個人に頼むと、後々セキュリティやシステムの面で問題が出る可能性がありますので、ある程度しっかりとしたところに発注した方が良いです。

 2)お客さんが来てくれない。
ホームページは立ち上げてもすぐにアクセスを稼げません。
大体3~6ヶ月ぐらい経たないと、検索エンジンが信頼してくれず上位に表示してくれないようになっているようです(個の状況は改善しつつはありますが)
また、集客のためには広告をしたり、SEO対策(検索エンジン対策)をしなければなりませんので、その面でもコストと労力と時間がかかります。

 3)お客さんが信用してくれない。決済が大変。
相手が見えないネット通販での買い物はどうしても不安が残ります。
まして、聞いたことのない会社や個人業者が相手だと、お金を払って本当に商品が届くのか不安に思われたりして、どうしても注文を躊躇されてしまいがちです。
その点、楽天やYahoo!ショッピングなんかに出店している業者だと、審査が通っている、最悪クレームを言う場所がある(実際はほとんど放置ですが)という安心感があって
注文しやすいです。
さらにいうと、クレジットカードのシステム導入にお金がかかったりしますから、なかなかこれも最初から導入しにくい。
しかもセキュリティ面をきっちりしていないと、思わぬトラブルの元となりますからどうしても、銀行振り込みのみとなりがちです。

こういった点から、独自型をいきなり導入するのはなかなか難しくリスクがあるわけです。

 初心者にはモール型がオススメ!

 

モール型のメリットを改めて述べてみると、
・導入コストが非常に安い
・SEO対策・集客対策がほとんど不要、独自型に比べて簡単
・サイト構築がカンタン。

ということなのですが、
なんと言っても嬉しいのは導入コストがほとんどタダになっているので、ヘタをすればゼロ円で開店できるってことですね。

 Yahoo!ショッピングは出店手数料無料。

 

ネットショップを開店する際、以前は出店手数料として20万ぐらいは取られたのですが、ヤフーが出店手数料を無料にしたので、

ライバル業者の楽天も手数料を大幅に値下げしているみたいですね。

Amazonは昔から無料でしたが、ロイヤリティがちょっと高めの15%です。しかもブランディングが出来ない
ヤフーや楽天は5.4%ですが、出店手数料を無料にしたことによりYahoo!ショッピングの魅力が格段にましました。

別にヤフーの回し者でも何でもありませんが、タダで済ませるのなら、そっちの方が良いです。
最悪の最悪、売り上げゼロの場合は一円もかかりませんので、リスクも限定できるってわけですよ。

ヤフーはアクセス数もかなりありますので、まさにネットショップを初めてやる方にはうってつけって訳です。

というわけで、ネットショップはYahoo!ショッピングから始めましょう。

 - 準備編